出会いがないのではなく、自分で出会いをつぶしているのだ!

婚活女性から良く聞く言葉。

「出会いがない」

 

確かに福岡では女性の方が多くて男性が少ないため、女性にとって出会いは他の都道府県より少ないかもしれない。

しかし、プロから言わせてもらうと

「そうでもない」

出会いは「ある」

ただ、「自分で出会いをつぶしている」のだ

事実、福岡で結婚している、もしくは彼氏がいる女性は「出会いがない」とは思っていない。

信じられないなら聞いてみると良い。まぁ、女性の心理からして彼氏のいない女性から「出会いってありませんよね?」と聞かれて正直に「そんなことないと思う」とは答えにくいだろう。

わたしのような専門家が聞くと女性は答えてくれる

心柳:「福岡で出会いってないですか?」

既婚・もしくは彼氏持ち女性:「ん~・・・そんなことないと思います。」

※婚活をして結婚、もしくは彼氏を作った女性を除く

既婚、彼氏持ち女性の共通点は

「出会いのある場所に足を運んでいる」もしくは「出会いを引き寄せる行動をしている」である。

どういうことかというと、

1、特に「出会い」には関係ないイベントにも良く出席している

2、2次会に良く出席している

3、いつも笑顔でどんな男性とでも会話できる(嫌な顔をせずに会話できる)

4、男性に対しての気配りができる。

 

最後の2つが出会いにどう関係するのか?これは単純に「男性から好かれる行動」ではないのか?

だとしたら、好きな人、気になる人だけにこのような態度を取れば良いのではないか?

これは大きな間違いである。

「いつも笑顔でどんな男性とでも会話できる」の逆を行く女性とは

・自分の好みでないと思う男性に対して笑顔で接することのできない。

・既婚者がいるイベントには見向きもしない。また出会いを中心としたイベントに既婚者がいた場合、既婚者とは全く話しをしようとしない。

「男性に対しての気配りができる」の逆を行く女性とは

・男性が準備してくれた”モノ”や”事”が満足の行くものでなかった場合、あからさまに不満な顔、もしくは不満である発言をする。いわゆる「ありがとう」が言えない。

・男性を立てることはない。飲み物をついであげたりしない。男性の話しを聞こうとしない。

※好みの男性に対してはするが、そうでない男性に対してしているかどうかである

 

結果、何が起こるかというと、3と4が出来る女性は

一緒にいて楽しく、どんな男性とも会話ができるため好みであるかないかは関係なく、

男性が企画するプライベートなイベントに誘われる機会が増える

そして3と4が出来ない女性は

性格が悪いので仲の良い男性が集まるイベントに呼べない。呼んだらプライベートな会が楽しくなくなる。

 

まとめると・・・・

【既婚・彼氏のいる女性】

既婚・未婚・魅力のない男性関係なく男性から好かれる → 男性が企画するイベントに呼ばれる → 男性の事を知りますます男性から好かれるようになる → 男性から見る女性としての魅力が上がる → レベルの高い男性の目に留まる → レベルの高い男性が企画するイベントに呼ばれる → 彼氏ができる。

好循環の繰り返し

【未婚・彼氏のいない女性】

自分が興味ある男性以外で既婚・未婚・魅力のない男性たちから好かれることはない → 男性が企画するイベントに呼ばれない → 婚活イベントに行くしか出会いがない → 同じ態度を繰り返す → 婚活に来る男性から好かれることはない → 魅力のない男性が企画するイベントにすら呼ばれない → 男性から見る女性としての魅力を上げる環境に巡り合えない → どんなサービスを受けてもそもそも自身に男性目線での魅力がないため彼氏ができない。

悪循環の繰り返し

 

婚活イベントを何度もしていると、モテる女性とそうでない女性にあるこの差ははっきりとわかります。

婚活イベントで「なんでこんな男性しかいないの!」と思っているあなた、男性からは「何でこんな女性しかいないのか・・・」と思われていますよ。「こんな男性」と思っている人しか集まらない場にしか行く機会のないあなたも「こんな女性」なのです。

まずはそこに気づかない限り、彼氏が出来る道は遠いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る