久しぶりの書き込みです。

今日はある主催のパーティーイベントでした。

パーティーは人気ありますが、カップルはできにくいです。

理由:男女共に相手の外見しかみようとしない・見れない

 

何故そのようになるか

1、時間が短すぎる

2、人数が多すぎる

 

でも、非常にニーズはあるのです・・・・

 

考えられる理由

1、参加者は人数が多いから出会いがあると思っている?

2、女性はお洒落できるし、それに見合った男性が現れると思っている?

3、短時間で手軽だと思っている?

 

今日は男女40人のパーティーでした。時間は実に2時間30分。

時間内にきちんと異性と話せたとして、1人とお話しが出来る時間は、

150分÷20=7.5分(7分30秒)

これで相手の何がわかるのか・・・

そう、こんな短時間だからこそ、

「男女共に相手の外見しかみようとしない・見れない」

となってしまうのです。

 

結果、どうなるかというと・・・・

男女共に外見の良いトップ3名くらいが一人勝ちをし、

その他は選ばれずカップリングしない。

よってパーティーはカップルができないのです。

 

今の世の中、この短時間でニーズはあるがカップリング率が非常に低いパーティーがあふれています。

これではダメだ。と思い、立ち上げたのが「イベント型婚活サービスSPRING」

http://myspring.jp/

ニーズが引くかったので撤退予定です。

しかし、男女をマッチングさせる婚活業界の人からは高評価でしたし、

実際にカップルはたくさん輩出できました。

男女5対5くらいで6時間ほどのイベントをします。

360分÷5=72分

72分も相手と話す時間があるのです。そうすると外見だけではなく、相手がどんな人なのか内面をしることができるのです。

人数が少ないから良い人もみつからないのでは?とお思いかもしれませんが、カップリング率はこっちの方が高い。

 

でも、当の当事者からはニーズがない。

出会えない人にとってはやはり、パーティーの方が出会える気がしてニーズが高い。

よって世の中パーティーばかりになってしまう。

ニーズがあるからビジネスとしても成り立つ、集客しやすいから。

でも出会えない。

イベントはニーズがないからビジネスとしてやり難い。だから誰もやらない。

出会えるのに。

 

今日のパーティー、人数の割りに結局は少人数のイベントと同じくらいのマッチング数でした。

でもほんと、未婚男女にはこの出会えないパーティーの方が圧倒的に人気が高い。

これが独身男女が出会えない理由。

出会いと提供する者としての「理想と現実のジレンマ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る