40歳を超えると男性も状況が変わってくる

婚活における男女の年齢について

いつも年齢については女性への書き込みに書いていますが、年齢は女性だけではありません。

男性もあるタイミングから年齢を見られ始めます。

婚活において男性の状況が変わって来るのは40歳です。女性の場合の30歳と似ています。

30代前半は男性が一番モテる時期。30代後半は次第に結婚を意識し始める時期。

そして40代になると本気になり始めます。男性の場合、30代前半で婚活イベントやパーティーに行き、そこでうまくやっていけば比較的早く相手をみつけることができます。これは20代女性と一緒ですね。

40代になると何故難しくなるか、男女別のデータは下記です。

【女性】

  • 20代前半・・・そもそも婚活に来ない。理由:女性にとって一番モテる時期だから需要が高く婚活に行く必要がない。また、女性の社会進出もありこの時期で結婚を考える女性が根本的に少ない。
  • 20代後半・・・友達に紹介を促し始める。出会いが少ないことに気づき始める。理由:27,8歳くらいで男女の需要と供給が逆転するため。市場環境の変化に気づき始めるタイミング。
  • 30代前半・・・婚活パーティーに行き始める。理由:紹介がなかなかもらえないことに気づき、パーティーなどのライトなもので婚活を始める。
  • 30代後半・・・パーティーでうまく行かないことに気づき始め、結婚相談所入会を検討し始める。理由:30代になると女性の中での体感競争倍率が20代の時に比べ3倍近くになるため、20代のときに比べ婚活パーティーでは出会え難い。年齢的あせりを感じ、最後の頼みである結婚相談所を検討し始める。※実際に結婚相談所の会員が一番多い世代である。
  • 40代前半・・・結婚相談所とパーティーの両方で活動している人が多くなる。理由:結婚相談所でも上手く行かない。

【男性】

  • 20代前半・・・とにかく彼女が欲しい。女性へ合コンセッティングをお願いしたり、街コンや出会い系で女性との出会いを見つけようとする。理由:男性が一番モテない時期である。あきらめて仕事をしながら大人としての魅力を磨くのが一番。
  • 20代後半・・・彼女ができる人とできない人の2極化が始まる。理由:男女の需要と供給が逆転してくるため、20代前半で男性としての基礎を磨いた人とそうでない人で差が出始める。
  • 30代前半・・・婚活に行く人と行かなくても彼女ができる人の2極化が顕著に出る。理由:20代で女性に対する場数を踏んだか踏んでないかで極端な差が出る。この時期が一番男性がモテる時期。女性は真剣に結婚を考え始めるため、”婚活”の場では男性的な魅力はもちろんのこと”収入”でもモテる・モテないが出てきてしまう。
  • 30代後半・・・婚活パーティーやイベントで失敗を繰り返す。理由:どこが悪かったか学ぼうとしない人が多い。同じ失敗を繰り返す。
  • 40代前半・・・結婚相談所を考え始める人と、周りのアドバイスを無視してパーティーなどで失敗を繰り返す。理由:年齢的な部分を気にし始める。真剣に結婚を考え始める。

 

婚活における男女の需要と供給

以下は女性向けセミナーでお話しをしているグラフです。

 

【グラフの見方】

棒グラフの長さは人数を表します。女性の方が参加者数が多いです(福岡での情報となります)。

”やじるし”の太さも「人数」を表します。青のやじるしは男性が女性に求める年齢。赤のやじるしは女性が男性に求める年齢。

特徴的なのは30代前半の男性と20代女性。男女ともに一番モテる時期です。年上、年下それぞれから”理想”と思われています。

そして今回注目して欲しいのは40代の男性と30代後半女性・40代女性です。

30代前半までの女性は「年上・同年代」を希望する方が圧倒的に多いが、30代後半・40代になると「年下・同年代」と急な変化が出始めます。

女性が30歳で市場変化が起こるのと同じく、男性では40歳で市場の変化が訪れます。

仕事が忙しいのもわかりますが、男性は30代前半の内にしっかり活動をすべきでしょう。

この時期なら一番モテるので合コンのセッティングもしやすい時期です。場数を踏んで女性のことをもっと知り、遅くとも30代後半には良い女性と結ばれるように努力をしていきましょう。

 

40代の男性向け婚活についてはまた次回書くことにします。

 

福岡地区限定で無料カウンセリングを行っています。

http://fconnect.co.jp/yoyaku/

福岡県外の方には婚活のプロがLINEでこっそり適格な婚活アドバイス

http://kss.fconnect.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る